2015年01月25日

陸自配備問う住民投票告示=沖縄県与那国町

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000095-jij-pol

沖縄県与那国町は23日、陸上自衛隊沿岸監視部隊の同町配備の是非を問う住民投票を告示した。投開票は2月22日。中学生以上の約1300人に投票資格がある。投票結果に法的拘束力はない。
 防衛省は、100人規模の部隊を来年度末までに配備する方針で、昨年3月、同町との間で町有地の賃貸契約を結んだ。しかし、町民の中に反対派もあり、昨年11月の町議会で住民投票を行うための条例が可決された。

記事には書いていませんが永住外国人も含まれるとのこと。
中学生にも疑問がありますが、法的拘束力はないとはいえ、国防に関する事項に永住外国人の投票が
入るってのはどうなんだろう?永住だから良いのか…?
中国や朝鮮系の人々はそりゃ反対するんじゃないのか…?


posted by 誰彼 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112616086

この記事へのトラックバック